電子消費者契約法

悪徳出会い系を利用してしまうと不当な請求をされてしまうケースは少なくありません。
そういう時はどうすればいいか
もしもの時に電子消費者契約法というのを理解しておくと便利です。

電子消費者契約法ってなんぞや?
ネットの取引で消費者が不当な請求から救済するための法律です。
これは出会い系為だけの法律ではないすがこれを主張すれば相手が諦めるケースが多いです。

出会い系だとワンクリック詐欺やツークリック詐欺の場合は適用されます。
ワンクリック詐欺は、写真や入り口をクリックしただけ自動で会員登録されてしまい、かつ高額な料金を請求されます。
ツークリックは「料金は○○円です」利用規約に同意しますか?もしくは18歳以上ですかというページをワンクション置いてから自動登録になります。
電子消費者契約法の観点から見るとどちらもは無効です。

操作ミスの救済というのがあるのです。
ワンクリックでも、ツークリックでも申し込みの際に、その内容を確認させるためのページを設けなくてはいけません。
それがない場合は無効です。
利用規約に写真とか入り口をクリックすると有料登録されますよと書いてあっても無効です。

さらに契約確認のメールをすることも義務づけられています。
普通ですと出会い系に登録すると確認のメールが届きます。
そこで会員登録へのURLをクリックしてはじめて会員登録となるのです。

ワンクリックやツークリックの場合は、会員登録完了しましたとなります。
これは無効なのです。
電子消費者契約法。
覚えておくと便利です。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。