母を失ったお嬢様白石愛子

送ってきたサイト:ラブメイト
url:http://l0ve-mate.com/
送ってきた相手:白石愛子

新しいサイトなので先行して公開します。
ラブメイトというサイトです。
サイトデザインを見るとまあ忘却やiライン、トキメキなどに似ています。

おそらく同じ運営者だと思われます。
最初に送って来たのは、白石愛子です。
過去の投稿を見てもはじめて送って来たサクラですね。

母親が昔から会社経営をしていたらしく、彼女は何不自由なく育ったとさ
乗馬にヴァイオリン、ピアノにスケート、そして服はプラダ。
まあよくある作り話ですね。

漫画とかに出て来そうです。
問題がひとつだけあって父親が酒乱で暴力をふるう。
母は病に倒れて財産と会社を残してくれたとさ

こういうエピソードはぶっちゃけ飽きてます。
写真見るとお嬢様って感じはしますが・・・
調べて見るとここのサイトは1年前からあるようです。

最近作ったフリーメールの方に届いていました。
まあ波乱万丈系のエピソードに出て来そうなストーリーですね。
ぱくったのか自作したのか不明

カフェでくつろぐラブメイトの白石愛子

メッセージ

初めまして。白石 愛子です。
簡単に自己紹介させて頂きますと、私の母は昔から会社を経営している女性経営者。
幼い時から欲しい物は好きなだけ与えられ、習い事は乗馬、バイオリン、ピアノ、スケート、子供服は全てプラダ、好きな時に好きなだけお小遣いをもらえる、まさに裕福な何不自由のない幼少時代を過ごしてきました。

旗から見れば裕福な家庭に生まれ育ち、順風満帆な人生。
しかし現実は違う…。
優しい母とは違い父は重度のアルコール中毒の酒乱、

父の暴力は私と母に向けられ、お酒を飲んでは殴る蹴るを毎日毎晩繰り返していました。
父は母の仕事が上手く行っている事が気に食わなかった様で…日々のストレス解消に幼い私は殴られ、蹴られました…。

見つめるラブメイトの白石愛子

母はそんな私を庇い、父の暴力から私を守ろうと必死でした…。
お金はあっても…愛のない暴力に支配された毎日…。
本当に本当に辛い毎日でしたが…母と二人、絶対に頑張って生きて行こうと誓い、二人三脚で励ましあい何とか頑張ってここまで生きてきました。

大学入学と同時に悪魔の様な父とは離れ、母の勧めで経営を学び、憧れの母の様な女性経営者になりたいと言う夢を持ちました。
優しくて、私の事を守ってくれた母の事は私本当に大好きでした。
ただ…人生は儚い物。
私を守ってくれていた母は昨年病により倒れ、そのまま帰らぬ人に…

母は私に残せる物として自身の財産と自らの経営して居た会社を残してくれました。
そして最後に私に言葉を残してくれました。母の最後の言葉は「運命を感じた男性にとことん尽くしなさい」と言う言葉でした。

ラブメイトの白石愛子自撮り

私はお父さんに尽くす気持ちが足りなかった…。お父さんは元々は暴力を振るう様な人じゃなかったの…。
私は自分の仕事を優先するあまり、お父さんに尽くす気持ちが足りなかった。あなたには私とお父さんの様になって欲しくない。
幸せになってもらいたいの。

だからね?愛子が少しでも直感的に運命を感じたり、運命的な出会いがあったとしたら、それがどんな状況や場所や相手であってもとことんその男性に尽くして欲しいの。
その男性が年上でも年下でも、例え妻子を持った人でもいいじゃない。
勿論その男性と結婚しろとまでは言わないけど、女は人生で運命を感じる時が絶対に一度はやってくる。

結果はどうなったとしてもその経験が絶対に人生に生きてくるから。
だからその時はその男性に思い切り女性として尽くしなさい。
あなたが少しでも直感で会いたいって思った男性が居たら、その気持ちは決して間違ってないから。愛子、これが私の最後の言葉よ。【運命を感じた男性にとことん尽くしなさい】」

母の残してくれた言葉、私の胸にしっかりと刻み込まれました。
ただ…残念な事に今まで私は運命を感じた男性はどんな場面でも居なかったんです(笑)
何度か男性とはお付き合いをした事はありますが、どの男性も長く続かず、それ以降仕事づけの毎日で出会いも全くありませんでした。

逆光ラブメイトの白石愛子

何だか重い話で長くなってしまいましたが、私の全てを知って欲しかったんです。
性格は人見知りしない方なので、気軽にご連絡頂ければ嬉しいです♪
一度お会いして楽しい時間を過ごしたいです♪

サクラややらせが一切ないサイト

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。