特定商取引法表記の有無

その出会い系出会い系が信用できるかどうかの判断材料のひとつが特定商取引法表記の有無です。
特定商取引法とは、わかりやすくいうと消費者がトラブルなどが起きないように保護する法律。

販売者はそれを表記する義務があるのです。
販売系サイトへ行くと必ずそのページがあると思います。
そのページは必ず販売者が用意します。

出会い系でも当然表記する義務があります。
それがないサイトは論外です。
論外ということはただ単に表記するだけじゃだめなのです。

良くあるのが運営会社名と代表名、所在地、連絡先が書いてあるだけ
それだけではだめなのです。
それじゃあただの会社概要です。

特定商取引法の表記では、サービス内容、価格、支払い方法、返金についてなどを表記しないといけないのです。
そして販売者はそれに基づいたことをしないといけない。

その表記は会社概要にのところに入れているとこもあります。
みつからない場合は会社概要を探してみてください。
最近では悪質業者でもきちんと表記しているところはあります。

多くのサイトは表記していないのでそれでも大分しぼれますね。
出会い系をみつけたら特定商取引法の表記があるかをご確認ください。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。