他のサイトへ誘導

前も挙げましたが出会い系サイトというのはたくさんあります。
9割以上が悪徳サイトというか、使えないサイトで良質なサイトは数えるほどしかありません。
その9割のサイトは運営するのに必死ですね。

良質なサイトというのはサクラを使わなくても会員を集められる集客力と資金があります。
雑誌に掲載したり、ラッピングカーを走らせたりしています。
悪質サイトも雑誌に載せていますので雑誌に載っているからといって良質とは限りません。

ただ、違いは良質なサイトは女性を集めるのに必死、悪質なサイトはカモになりそうな男性会員を捜すのに必死。
女性会員は実質存在しなく、サクラなのです。
そんな悪徳サイトの集客手段として会員となって良質サイトへ潜り込むことです。

そこはさすがに女性を送り込むみたいですね。
現在は身分証がないと利用できなくなっております。
身分証を使うといっても個人情報は隠せるので業者にとってそんなにリスクがないです。

会員となった悪徳サイトはどういう行動をするか?
潜り込む割には単純です。
まず、手段のひとつとしていきなりメールアドレスを教えて来る。

こっちでお話しましょうとか、もうすぐここ退会するからとメールアドレスを教えてきたりします。
メールをすると他の出会い系のアドレスを教えてきます。
当然サクラ。

もう一つは、自分はこっちのサイトメインだからこっちでメッセージ交換しましょうと違うサイトのアドレスを教えてきます。
なぜすぐに教えてくるのか?
ある程度やりとりをして信用を得るよりすぐに引っ掛かる単純な人を探した方がいいからです。

そしてその誘導員はだいたいは、すぐに退会処分を受けるか、自分で退会します。
実際に放置したらそうでした。
対処が速いところだともう1時間もすれば退会処分になっています。

これが他サイトへの誘導の手口です。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。