スマホアプリを使った恐喝

スマートフォンって便利ですよね。
特に通話アプリは便利です。
チャット感覚で利用ができてしかも履歴が残る。

スマホを持っている方はメールのやりとりはほとんどしなくなったでしょう。
おまけに無料通話もできる。
通話品質もいいのですよね。

そんな便利なものを業者は利用をしてきます。
最近は出会い系アプリというのが出回っています。
出会い系とはまた違います。

年齢認証とかはないのでコミュニティーサイトといってもいいでしょう。
トラブルが多いのが現状で今回はその手口を紹介をします。
引っ掛かる人というのは、下心を持った方です。

たとえば、出会い系アプリで知り合った異性に動画のやり取りをしようと持ちかけれる。
そこでこのアプリがお勧めとビデオチャットアプリのインストールを指示される。
そしてインストールをする。

そこでその異性は服を脱いだり、自慰行為を見せるなどエッチなことをしてくる。
これはラッキーと思うでしょうね。
ライブチャットでそれをやったら結構な値段になります。

そしてやり取りをしたあとに請求が来る
動画の閲覧料金を払え
それと、「あんたの動画を公開されたくなければお金払え」

完全に恐喝ですよね。
この手口は日本だけでなく、アメリカでも横行しているそうです。
規約違反であった性的やり取りをしたから違約金を払え
あんたが動画をアップしたせいでサーバーがパンクした
賠償しろなど

それとこういうアプリにはアドレス帳を抜き取る機能がついているので注意です。
それを防ぐには、やはり安易にこういうやり取りをしないことです。
アプリもダウンロードしない

これ鉄則です。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。