デート商法

出会い系では昔から減っていない手口があります。
それは業者ではなく、ユーザーによる詐欺が多いです。
中でも多いのがデート商法ですね。

デート商法で被害に遭う事が多いのは男性ですがここ最近では女性も増えています。
デート商法をやる方は色んな方法で集客をしようとします。
その一つが出会い系サイトなのです。

お見合いパーティーなどでも近づく方は多いですがお金が比較的掛からない出会い系の方が多いですね。
そういう詐欺を行なう方はかしこいです。
まず、サクラの多い悪質なサイトは使わないでしょう。

きちんとした出会い系を使います。
そこで異性にアプローチをしてデートに誘う。
だいたいは会ってその日に計画を実行するみたいです。

そこで自分の店に連れて行って高額な商品を買わせたり、お見合いセンターに登録をさせたり、または風俗店の売り上げになってしまうことなんてもあります。
手口は結構巧妙になってきていましてじっくりと信用させる方も増えて行きます。
中には契約するまで帰してくれなかったり、泣き出したり、怒ったりもします。

そういう詐欺を防ぐにはどうしたらいいか?
やはり簡単には会わないこと。
そして情を持たないではっきりと断る。

そういう商法をするのはだいたいは悪質な商売の仕方をしています。
もし、お店に行きたいと言い出したら、店の名前を聞きましょう。
そしてトイレに行って携帯のネットで調べる。

中には、たいした価値のない商品を高額で売る手口もあります。
たとえばパワーストーンですね。
未然に防ぐには店にはいかない。

最悪契約した場合は消費者センターに相談しましょう。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。