売春斡旋で逮捕

昨今増えているで出会いアプリ。
アプリというのはスマートフォンにダウンロードして使うソフトのことです。
最近はそので出会いアプリを使った犯罪というのが増えています。

しかし、騙すのではなく、お金儲けのために利用するケースが増えていますね。
2014年5月28日に、出会い掲示版アプリを使って女子高生に売春をさせたとして男2人が逮捕されました。
女子高生に売春をさせるのは犯罪ですね。

まずは、自分が女子高生になりすまして出会い掲示版に援助交際募集の書き込みをする。
そして連絡してきた男に女子高生を行かせて援助交際をさせる。
中には月に200万円稼ぐ女子高生もいたみたいです。

出会いアプリというのはどうやら簡単に登録できるみたいですね。
年齢認証をしなくても登録できるらしく、やはり危険ですね。
女子高生もお小遣い稼ぎには良かったかもしれませんがそういうのアルバイトはすべきじゃないです。

最近多いのは仕事内容を書かないで高収入と書いてある求人。
そういうのはだいたいろくなもんじゃないです。
おそらく女子高生もそうやって集めたのですね。

それにしても200万ってすごいです。
この年齢で稼いでしまうともう普通の仕事ができなくなるんじゃないですかね。

それを考えると恐ろしいですよ。
もし、出会い系で女子高生をみつけたら絶対会わない子です。
援助交際なんかしちゃったら斡旋した人だけでなく、誘いに乗った人も逮捕されます。

おすすめサイト7選

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。