秘め事のカップルが出会い報告!あのGの元木?

秘め事はよく出会い系体験談を送ってきます。
今回はなんとカップルです。
いくつかあったのですが特に目についたのがあったのであげます。

なんと元木大介です。
Gのですね・・・・
しかし、同姓同名で別人です。

意識してやっているのでしょうか?
では体験談をあげます。

初めまして。
天然パーマがコンプレックスの元木大介です。
先日、輸入業や輸出業をしている社長さんである、
結城千紗さんと出会い、結ばれたのでご報告させて頂きます。

そもそも僕は10年以上出会い系を利用して来ましたが
出会いを叶えた事は一度もありませんでした。
その割にはパンクするほどパンパンのメールボックス…

実世界でも、出会い系でも、こんな見た目の僕は誰からも愛される事は無いのか…
そんな風に思っていた矢先、たまたま入会したHIMEGOTOのキャンペーンに参加し、
初めて、出会い系で出会った女性とデートに行くことが出来たのです

そして、初めて出会ったのが結城千紗さん、
とっても素敵な女性でした。

出会って最初に行ったのが
僕の行きつけのカフェ、そこでワンプレートのご飯を食べつつ
お酒を飲んでまったり。
「もっと、一緒にいたい…」そう言って、私は彼女の手を取りました。

タクシーで向かったのは、
綺麗で神秘的なラブホテル。
52歳ではありますが、人生初めてのラブホテルです。

部屋に入ると広がって美しい部屋。
入ってそうそう、僕は勇気を出して彼女を押し倒しました。

少しずつ、舌を彼女の口にいれました。
すると彼女から勢い良く舌を挿れてきました。

そして、いきなり自分から挿入するのは自信がなかったため、
彼女に上に乗ってもらい騎上位開始。
上下に動く、結城千紗さん…3、4回こすられただけでいきそう…「ストップ!!」

そう言って体勢逆転正常位でピストン。
グニャグニャのオッパイを凝視しつつ、
2,3回のピストンで射精しそう…
 
「う…いく…」

そう言って憧れの顔面射精。

「もーーー早すぎ!全然楽しめなかった!」

そう言って彼女はすぐにバスルームへ…
なんでこんなにも情けない気分になるのでしょう…

お風呂を出ると、
彼女は帰り支度を初めました。

仕事があるから…ごめんなさい…

女も性欲が溜まったらだれでもいいからSEXがしたくなることがあるらしく、
多分彼女は、僕に何にも気持ちが無く、セックスしたかっただけだと思います。

彼女にたまに電話をしても、今はもう出てくれません。
HIMEGOTOの別の女性をこれから狙います。

以上です。
このカップルにはそれぞれ返信できます。
これって略奪してもいいってことなのか?
ってサクラですけどね!

サクラややらせが一切ないサイト

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。