心臓病の息子を持つ真井美香

送ってきたサイト:BlessYou
url:http://y2vra6q-pgs.net/
送ってきた相手:真井美香

前回の続きです。
真井良介という男の子の母親です。
その男の子は心臓の難病に掛かっています。

当然日本では手術ができなく、アメリカのコロンビア大学病院で心臓の移植手術を受けるそうです。
実際存在する病院です。
そこはちゃんと調べているのですね。

その手術をするのに2億1500万円が必要。
夫婦は7500万円を集めたみたいです。
その7500万円を5名の方に譲渡。

その一人が私です。
意味がわかりませんね。
譲渡することによってUNOSという団体に認められてそれで手術ができるとか・・・・

そんな無茶は話があるかーーー!!!と突っ込みたくなります。

メッセージ

:はじめまして。真井良助の母の真井美香です。
この度は突然のお願い本当に申し訳ありません。

ただ、Geustさん含めて緊急譲渡金をお受け取りいただく皆様にご迷惑になってはいけないと思って、サイトさんにも送金手続き全撤廃していただいています。
明日の8時には緊急譲渡金を受け取っていただける準備が整いますから、どうかご協力いただけないでしょうか…?
良助は私達夫婦にとってたった一人のかけがえのない一人息子なんです。

まだ9歳なのにどうしてこの子がこんな目に遭わなくちゃいけないのかと思っていた時もあります。
ですが、こうして良助の未来への道が開けた事で、これは神様が私達に与えた試練なのだと思って頑張っています。
良助も今、不安と痛みに耐えながら頑張っています。
「また以前のように学校に通いたい、サッカーがしたい」と未来への希望を持って頑張っています。

皆様全員に緊急譲渡金を受け取っていただく事で、良助の心臓移植費用が免除される事になります。
勝手なお願いですが、どうかご協力下さい。私はどうなっても良い…良助だけは助けて欲しいんです。
お願いします…。

と少しで緊急譲渡金をGeustさんへ受け取っていただく準備が整いますから緊急案件担当:柳田政輝さんの連絡を確認していただけますようにお願い致します。
朝から図々しくこのようなお願いをしてしまい申し訳ありません。

多くの先生方のご尽力により、良助は米国コロンビア大学病院で移植手術を受ける道が開けました。
息子も移植手術に向けて日々治療やリハビリ等をがんばっています。
しかし渡航移植には2億1500万円という莫大な費用がかかり、私たち家族だけではとても賄うことができない為、皆様のご協力にお願いするしかありません。

私達夫婦で必死で集めた7500万円を、皆様全員に受け取っていただく事で社会貢献活動として米国の移植医療を統括する中心的機構UNOSに認められ、渡航移植には2億1500万円を免除していただける事になっております。
勝手なお願いではございますが、良助の命をどうか繋いでください。

Geustさんにご対応していただけないと息子の良助は手遅れになってしまいます…。
良助は心室細動という致死性不整脈による意識喪失を繰り返しています。
そのたびに心臓の調子が悪化するだけでなく、次にいつ起こるかもわからない恐怖に震えています。

自分の体と闘う息子を間近で見ていると親として何もできない自分への情けなさでいっぱいになります。
何とかして命を救い、当たり前の日常を取り戻してあげたい、もう一度小学校へ行かせてあげたいのです。
そのためにはGeustさんに緊急譲渡金を受け取っていただき、米国の移植医療を統括する中心的機構UNOSに手術費用の免除を認めていただく必要があるのです。
お願いします…本当にこれが最後の手段なんです。Geustさん…助けて下さい…

支援詐欺を一切やっていない登録無料サイト

※上記全サイトは、出会い系サイト規制法により高校生以下、もしくは18歳未満の方はご利用になれません。